不用品を抱えている方へ!楽器を処分する方法を説明します!

おうちに眠っている楽器をそのまましていませんか。
処分の仕方が分からなくて困っている方もいらっしゃるかもしれません。
楽器は古いものでもまだ使用できたり価値があったりするので、そのまま捨てるのはもったいないでしょう。
そこで今回は、不用品になった楽器の処分の仕方と高く売る方法をご紹介します。

□不要となった楽器の処分方法

楽器の処分方法はさまざまですが、ここでは2つの方法を見ていきましょう。
それぞれのメリットとデメリットもお伝えします。

*施設への寄付ができる

家に使わなくなった楽器がある方は施設への寄付を検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、保育園や幼稚園、児童養護施設、楽器スクールに寄付できます。
メリットは、使わなくなった楽器が有効活用されることと慈善活動ができることです。
反対にデメリットは売るわけではないため、お金にはならないことが挙げられます。

*業者に売れる

業者に不要になった楽器を売ることで利益を得たいと考える方は、買取業者を探してみると良いでしょう。
リサイクルショップや楽器店をはじめ、楽器を買い取ってくれる業者を見つけるのは比較的簡単です。
この方法のメリットは、価値があるものにはそれ相応の値段がつくことです。
反対にデメリットは、業者によって査定額が違うことや次に誰が使うか想像がつかないことです。

□ギターとピアノを高く売る方法

今まで大切にしてきた楽器ですので少しでも高く売りたいかと思います。
では、どうすれば楽器が高く売れるのでしょうか。
それぞれの楽器によって確認するポイントが違いますので、今回は特にギターとピアノを高く売る方法を見ていきましょう。
ギターを高く売るためには、事前にクリーニングすること、付属品を揃えること、弦の状態を確認することが大切です。
事前のクリーニングを怠ると、査定の印象が悪くなるだけでなく査定額に大きく影響が出る可能性があるため注意しましょう。
また、特に古い楽器ですと付属品の製造がすでに終了していることもありますので、付属品は紛失しないようにしっかり管理しておくことが重要です。
ギターの弦は可能であれば新しいものに張り替えて、印象を良くしましょう。

次に、ピアノを高く売るために、どのようなコツがあるのかご存じですか。
ピアノを売る前にはまず、外装をチェックしましょう。
汚れが見つかった際に、自分で落とせる汚れであればきれいにしましょう。
しかし、逆に傷つけてしまう場合もあるため、注意が必要です。
さらに、もしピアノのペダルが錆びていたり汚れていたりする場合は布で軽く拭いておきましょう。
ギターと同じように、不揃いな付属品は査定額に大きく影響する可能性があります。

□まとめ

不用品になった楽器の処分方法と高く売るコツについてご紹介しました。
処分方法には寄付と買取がありましたが、もし売ることを選択される場合は高く売るコツも参考にしてみてください。
当社では不用品全般の回収を承っておりますので、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。