不用品を手放したい方へ!勉強机の処分方法を説明します!

勉強机の処分を検討されている方はいらっしゃいませんか。
処分方法が分からない方やそのまま捨てるのはもったいないから売りたいと思う方もいらっしゃるかと思います。
特に買取を希望される場合は注意点を押さえることが重要です。
そこで今回は、不用品になった勉強机の処分方法や買取についてご紹介します。

□勉強机の処分方法とは?

安い買い物ではなかった勉強机ですので、リサイクルショップに売りたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、使用済み勉強机がリサイクルショップで売れる可能性が低いことをご存じですか。
その理由は、勉強机は子供が何年も使うもののため、落ちにくくしつこい汚れが付いている場合が多いからです。
そのため、よほど状態が良い机でない限り、処分を前提に考えるのが賢明でしょう。

では、どのような処分方法があるのでしょうか。
勉強机の処分方法はさまざまですが、おすすめの方法は不用品回収業者に依頼する方法です。
その理由は、不用品回収業者に依頼するとご自身で重い机を運搬する必要がないからです。
それに加えて、多くの不用品業者が他の不用品も一緒に回収してくれるため、学習机と一緒に処分したいものがある場合には便利でしょう。

□買取してもらいやすい勉強机の特徴とは?

先述の通り、学習机には長期間の使用による傷や汚れが付きやすく、それが原因で売れる条件が厳しいのが現実です。
そのため、買取を視野に入れている方は査定直前だけでなく、使用している時から机の扱いに注意しましょう。
そのほかにも、買取してもらいやすい勉強机のいくつかの特徴を見ていきましょう。

*トレンドに合っている机

毎年新しいスタイルの勉強机が売り出されているため、10年以上前の古いデザインの勉強机が売れる可能性は非常に低いと言えます。
オーソドックスなデザインのものであれば、10年経っても売れる可能性がありますが、状態を良く保つことを意識しておきましょう。

*メーカーごとの人気

学習机のメーカーはさまざまですが、特にどのメーカーの机が売れやすいということはないでしょう。
しかし、日本人に合った国産の有名メーカーを選んでおくのが無難だと言えます。

*パーツが揃っている机

購入時に学習机と一緒に売られていたものが揃っていることが望ましいでしょう。
例えば、キャビネットやシェルフ、チェアが挙げられますが、買い手としてはデザインに統一感が欲しいためフルセットで購入したいのです。
その他にも、近年の学校で使われる教材のサイズに合っていない学習机は売れにくい傾向がありますので注意しましょう。

□まとめ

不用品になった勉強机の処分方法と買取についてご紹介しました。
勉強机の処分の際は不用品回収業者に依頼することが多いかと思いますが、買取を希望する場合は記事内でご紹介した売れやすい机の特徴を確認しておきましょう。
当社では不用品の回収を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。